ゆうきハートネットとは?

岐阜県白川町で平成10年に立ち上がった有機農業でまちづくりを目指す団体。販売促進・技術の向上・就農支援・体験交流の4つの事業を中心にして活動しています。

その功績が讃えられ、平成31年には農林水産祭の「豊かなまちづくり」部門において,【内閣総理大臣賞】を受賞!

​会員は10名から44名に増え、町内に留まらず、近隣の市町村からも会員になる人が増えてきました。その半数以上がゆうきハートネットがこれまで受け入れてきた新規就農者です。

平成31年度農林水産祭 「豊かなむらづくり」部門

内閣総理大臣賞受賞!

中濃就農応援隊がサポート

ゆうきハートネットは研修生を募集しています。

●NPO法人ゆうきハートネットの構成

白川町有機の里づくり協議会

会員44名(2019年4月現在)

白川町役場

JAめぐみの

​NPO法人ゆうきハートネット

各農家

​大豆畑トラスト

はさ掛けトラスト

郷蔵米生産組合

●NPO法人ゆうきハートネット4つの事業

​1

販売促進

大手オーガニックスーパーと連携

オーガニックファーマーズ朝市村への出店

トラストによる契約販売

​2

技術向上

勉強会の開催

視察

​講座受講のサポート

​3

就農支援

あすなろ農業塾

中濃就農応援隊

研修生受入れ

移住サポート

​4

体験交流

都市部の消費者との交流

足ル知ル財団

エディブルヤード

hugge Table

千本プロジェクト

​1

販売促進

❶大手オーガニックスーパーと連携

❷オーガニックファーマーズ朝市村への出店

❸トラストによる契約販売

❶カネスエ商事経営のオーガニックスーパー「旬楽膳」への納品

レストラン併設。全4店舗

売上合計

110万円(2018年度)

     ⇩

480万円(2019年度)

里芋、まこも、しめ縄飾りなど品目を増やしていく予定

❷オーガニックファーマーズ朝市村への出店

❸トラストによる契約販売

郷蔵米生産組合

​大豆畑トラスト

はさ掛けトラスト

スナップエンドウ

 

生椎茸・スナップ

 

生椎茸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生椎茸・乾燥椎茸

生椎茸

 

えだ豆

 

トマト

​トマト

毎週土曜日
8:30〜11:30
名古屋栄オアシス21にて
環境保全型農業に取り組む元気な農業者が、おいしい野菜やくだものを持って集まります。
ゆうきハートネット会員農家からの出店も多数。

​2

技術向上

❶勉強会の開催

❷視察

​❸講座受講のサポート

❶勉強会

❷視察

❸講座受講のサポート

l著名な農学者や実践者を招いた講演会・技術研修会を開催。 29年度

(株)グリーングラス代表道法正徳氏

(株) りんね社専務取締役飯尾裕光氏

 

講演を契機に新たな取り組みが生まれている

 

稲葉光圀氏 ・有機稲作の技術  

      ➡︎有機稲作への移行への大きな契機に

宇根豊氏 ・百姓としてのまなざし

     ・田んぼの生き物調査

      ➡︎町内での生き物調査

橋本力男氏・本格的な堆肥づくり

     ・育苗などの技術  

      ➡︎五段農園で堆肥舎を建築

       良質な有機堆肥をつくる

道法正徳氏・植物ホルモンを利用した無肥料の果樹栽培

      ➡︎耕作放棄地を利用して果樹栽培を開始

          

静岡県伊豆の国市の「MOA自然農法文化事業団」(※3)など、先進地への視察を実施。

技術向上のための講座を受講する際の補助

3

​就農支援

❶あすなろ農業塾

❷中濃就農応援隊

❸研修生受入れ

❹移住サポート

あすなろ農業塾

美濃白川ふるさとネット あすなろ塾長3名 あすなろ農業塾生3名(2018年度)

❸研修生受入れ

研修施設の管理運営 

 

「くわ山結びの家」 

白川町佐見地区

平成23年3月竣工

研修生用個室2部屋

1階広間は研修交流スペース

  

             

「黒川Maruke」

白川町黒川地区

農業研修生の生活の場

里山、農業体験者の宿泊場所

黒川の移住・定住のサポートの拠点に

ゆうきハートネットではいつでも研修生を募集しています。

お問い合わせはこちら

❹移住サポート

空き家、農地の斡旋 会員紹介による成約率 12件/12件

4

​体験交流

❶都市部の消費者との交流

❷足ル知ル財団

❸エディブルヤード

❹hugge Table

❺千本プロジェクト